8月20日(土) 15:30開場 16:00開演

入場料…大人400円・高校生以下100円(今年度は入場料全額を震災の募金にする予定です。)
注…会場の都合により定員が20名となっております。入場にはご予約が必要です。




 Le Tissage(ル・ティサージュ)プロフィール・・・ヴィオラ・ダ・ガンバ5台で構成されるコンソートグループ。メンバーは大阪音楽大学にて坂本利文氏に師事。ルネサンス、バロックの合奏曲を中心に演奏しています。「le tissage」とはフランス語で「機織り」という意味で、5つのガンバの織り成す音楽のイメージから名づけられました。

 ヴィオラ・ダ・ガンバとは?…16〜18世紀にヨーロッパで弾かれていた弓で弾く楽器。「ガンバ」とは、イタリアで「脚」という意味で、楽器を脚で挟んで弾くことから名づけられました。ガンバだけで、トレブル(ソプラノ)、テナー(アルト・テナー)バス、の3つの大きさがあります。どの音域でも、6弦あり、フレットがあるのが特徴。また、ガット弦(羊の腸がら作られる)が張られているので、柔らかな音色がします。


  上田牧子(トレブル・ガンバ)
  中西 歩(テナー・ガンバ)
  中野潔子(バス・ガンバ)
  扇能沙苗(バス・ガンバ)
  大内美奈子(バス・ガンバ)
友情出演:横山知彦(フィーデル)


プログラム
〜ルネサンスとバロックの合奏音楽〜
ヘンリー8世:よき友との気晴らし
ダウランド:デンマーク王のガリヤルド
アルボー、プレトリウス、スザートの舞曲集より
作曲者不詳:水をわたっておいで、ジュリエッタ
トムキンス:パヴァ―ヌ   ほか


同日開催
日本画家 藤原玲子展

第17回(平成22年度)
松伯美術館花鳥画展
優秀賞受賞作品
「花の調べ」も展示予定です。
藤原玲子氏
創画会 会友
京都日本画家協会所属
京都府立ゼミナールハウススケッチ教室講師

京都市生
平2〜18 美山にて創作
平19〜  京北在住
京都美術展、京展、青垣2001年花鳥画展
松伯美術館花鳥画展、雪船の里総社墨彩画展などに出展

現在 京都文化博物館にて
「日本画 きのう 今日 あす 展」出品中
(後期展示 8月21日まで) 


コラボ企画
美山里山舎
日本画展&マクロビオティック
参加費1,000円(お食事付)